コスプレに馴染むウィッグの使い方

コスプレ ウィッグ
ウィッグといえば、頭皮に悩む方が自然に髪形を変えて悩みから解放されるもの、またオシャレのために、少し不自然な色のものでも部分的に、また全体に付けているアイテムというイメージですが、コスプレで使う物は、いわばコスプレするキャラになるための変身アイテムであり、むしろキャラ本人の頭なので、その真剣味は半端なものでは無いという方は多いです。もちろん悩みを隠す、オシャレで使う方たちも、それぞれの真剣な気持ちですが、あくまでも自分に馴染む、自分に合わせたものです。しかしコスプレはキャラに合わせたものとなるので、少し勝手が違います。色や長さがあっていればいいわけではなく、角度や細部にまでこだわり、装着したあと、さらに細かい調整を行います。ただウィッグの良い点は装着する前に髪形を作る事ができることです。いかにキャラに近い髪形にできるかが勝負です。

コスプレ用のウィッグはいかにキャラに近づけるのか

コスプレが世に浸透し、即売会以外にもそのような場ができるようになってずいぶんと経ちました。市民権を得て、海外にもファンを作り、自治体によっては自治体イベントとして盛り上がっている場もあり、市民マラソンランナーや普通の街中にも時折見かける時があります。しかし街の中のお店で、黒や茶色ではない色のウィッグという物を見る事は、ほぼ無いと思います。そのような場合、大体コスプレ専門店、もしくはコスプレ用ウィッグ専門店に頼る事になります。医療用や高齢の方々が利用するお店には置いてある事は、ほぼ無いと思います。そこでまた問題になることは、自分で形を作るのか、最初からそのキャラに合った髪形がセットされている物を購入するのかという点です。コスプレは非現実的な髪形をいかに自然な髪形にみせつつも、キャラクターに近づけるのかという点が大切になります。初心者の型はキャラに近い型を使うことがおすすめです。

コスプレ用ではなく普段使いでも使えるウィッグ

コスプレ用のウィッグではありますが、色や髪形によっては普段使いに利用することもできます。その辺りはコスプレするキャラによるという点もありますが、日常にありえる髪形のキャラであればより髪の毛に近い質感のウィッグを選ぶことで普段使いができます。最近は日常系のアニメや、比較的自然な髪色をしたキャラクターがデザインされていることも多いので、見つけやすいです。反対に髪形はストレートなどどこにでもある髪形だが、色が、青や赤、ピンクである場合、通常のウィッグを染めるという方法もあります。ウィッグ用の染料も販売されているので、持っているウィッグで何とかしたいという方はぜひ利用してみてほしいです。またキャラによってはやたらはねている、あほ毛と呼ばれる前に大きくはねている髪についても表現する方法があります。これらはブログやネットで紹介されているので是非参考にしてほしいです。